プロフィール

kazu

Author:kazu
~ゆっくり・・のんびり~


スポンサードリンクCM


スポンサードリンクK

♪コンセプトマッチ広告♪ Kauli

スポンサードリンクAdw


月別アーカイブ


スポンサードリンク電脳


PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治神宮の紋章

天皇家の家紋…「菊」と「桐」
菊…菊と桜は日本を代表する花となっており中でも「菊」は皇室の紋とされている。
皇室で初めて菊の紋様が使用されたのは後鳥羽上皇(鎌倉時代)で、上皇は個人的にも菊を好まれて刀や御車などに菊紋をつけておられた。これが代々の天皇家に受け継がれて皇室の御紋章となった。

桐…桐は中国の古代思想では、聖天子の出現を待って現れる瑞鳥・鳳凰が住むめでたい樹とされていた。
日本では嵯峨天皇(平安初期)がお召しになられた衣装に竹と鳳凰と麒麟そして桐が描かれており、時代が下がるにつれて朝廷や政府機関に用いられる文様に使われ、菊紋の代用として用いられ国家政府機関のシンボルのような役割を果すようになった。菊と桐は紋章の成立事情から、菊紋は私的な紋章となり桐は公的な紋章となった。従って明治神宮の建物には至るところに菊紋が使われているが、桐紋は南神門両脇門の扉だけに描かれている。

09122001m1.jpg



10031012.jpg



10031014.jpg



10031011.jpg



10031009.jpg






トラックバック

http://ki112944.blog22.fc2.com/tb.php/53-e5328881

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。